交通事故施術

愛知、一宮で交通事故によるむちうち施術なら平良接骨院!

愛知、一宮で

交通事故による

むちうち施術なら

平良接骨院!

一番大切なのは後遺症を残さないこと!

  • 病院でレントゲンを撮っても異常が見られない
  • 痛みを訴えてもシップや痛み止め薬しかくれなかった
  • 整形外科に行っても痛みが抑えられない
  • 保険会社から早期に通院するように勧告されている
  • 身体がだるくて仕方がない。しかし病院で調べても
    骨などに異常はないとのこと。
  • 天気が変わったり、気候や湿度が変わると体がきつくなる
  • 朝夕に痛み出す。痛みで物事に集中できず、長時間の仕事や
    運転に支障をきたしている。
  • 頭痛が出る。無気力感、疲れてだるい、眠れないなどの症状。
    症状が一進一退で改善しない

目に見えないからわからないでは大変
事故で一番多いのむちうちなどの症状は、
レントゲンには出ないことがあります!

痛みがなくても怖い「むちうち」

交通事故というのは誰にとっても初めてのことが多いですので、すぐにむちうちと判断するのも難しいです。
特に、交通事故での一番損傷が多いのは、首の部分です。
他にも筋肉、椎間板、椎間関節などにも傷を負いがちですが、頸椎が一番多くこれが「むちうち」
につながりがちです。痛みの出なかった方は、つい施療を先延ばしにしてしまうケースが少なからずあるのが現状で、
それが最もネックであると思っていただきたいです。

もし、事故にあってしまったら・・・

まず最寄りの警察に届け出ること

事故に遭って真っ先にやらなければいけないのは、警察への連絡です。
特に加害者側は届け出する義務がありますが、これが忘れられることがよくあります。

くれぐれも「大した事故ではないし、届けなくても大丈夫だろう」などと自己判断しないことです。
後々から大ごとになったり、痛みが増えてきたりしたときに、警察への届け出が無いと保険金を保険会社に請求する際に必要な「交通事故証明書」が発行されません。

01.相手(加害者)の情報をとっておく

加害者の情報はできる限りきちんと確認して記録に残しましょう。具体的には氏名・住所と電話番号(携帯も)、自動車ナンバー、自賠責保険の会社名と証明書番号、任意保険の会社名などをとっておきましょう。

02.その場に目撃者がいたら確認をお願いしておく

交通事故は相手とのトラブルになることもあります。
第三者がその場に居て事故を目撃していた場合、協力をお願いしましょう。
相手の証言を記録しておき、いざという場合の証人になってくれるようにお願いしておくことです。相手の名前と連絡先を控えておきましょう。

 

03.現場を記録しておきましょう

交通事故は時に二次被害も起きます。加害者側が虚偽の証言をしたりして事実認定がしっかりしなくなる時があります。
こうしたことを防止するためにも、携帯電話で現場の写真を撮っておきましょう。
特に撮影するものとして現場の痕跡(ブレーキの痕、壊れた自動車の部品など)、加害車両、加害車両の同じ箇所(特に破損部分など)をいろいろな角度から撮っておきましょう。

04.病院で医師の診察を受けましょう

交通事故後の施術をするのにもまず医師の診断が必要となります。まず病院で検査を受けられて、その診断を元に施術を進めます。
たとえ見た目は異常が無かったり、特に症状が出ていなくても油断してはなりません。身体の深部に症状があると後日にいろいろ症状が出てくることが多いです。
後日に重要な症状が発生してくるリスクがあります。交通事故は油断しないようにしましょう。

 

05.保険会社の担当者に当院で施術を受けると連絡してください

電話でもって保険会社の担当者に平良接骨院で施術を受けることを連絡します。
施術が開始は連絡が前後してもいいですので、保険会社より当院に交通事故の施術の依頼が入ってから正式に施術を行います。
交通事故の後遺症 どんな悩みでもかまいません!
まずお気軽にご相談を!

平良接骨院

「もう大丈夫です。その痛み、楽になります。」ご予約は今すぐ

0586-72-0450

0586-72-0450
ネット予約はコチラ
受付時間
月、火、木、金9:00~12:00/16:00~20:00 水、土9:00~12:00/完全予約13:00~20:00
定休日
日曜日/祝日

〒4910861愛知県一宮市泉2丁目22-6サンパーク東一宮101号